スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろと爆速!! iPhone 5

大学に受かったということで、前々から約束してた、「大学に受かったらその時最新のiPhoneを買ってもらう」ことを果たしてもらいました。今回はiPhone5 64GB ブラック&ストレートを買いました。今まではiPhone 3GS、4も使っていたので、それらとの比較も踏まえて書いていきます。にしても、軽く触っただけでも爆速です!

 


 




Next Yell




今回のiPhoneは、今までにない進化をしました。それはディスプレイの大型化です。4Sまではずっと3.5インチを保ってきましたが、今回から4インチになりました。横には伸びず、縦だけ伸びたので、使い勝手はほとんどそのままです。このわずかな大型化により、なかなかな視認性の向上に成功しています。

 

例えば、メッセージアプリの場合、数行入力しただけで、今までの履歴を見られないぐらいになりますが、大型化により表示できる行数が増えました。このわずかな差が結構大きかったりします。また、フリック入力のキーボードを横向きにした時のUIが変更されました。

 

 

横向きにした時、かつては横に長くなったボタンを画面いっぱいに広げていましたが、5では画像のように、右半分にフリック入力キーボード、左半分に変換候補を表示するようになりました。iPadのフリック入力みたいです。少しだけフリック入力のボタンが小さい気がしますが、気になるほどではありませんので、すぐに慣れます。

 

iPhone5の目玉の一つに、LTE対応というのがあります。これはどんなものなんでしょうか? 一言でいうと、超高速携帯電話ネットワークです。最高で75Mbpsでるので、光通信に匹敵する速さです。Webの読み込みはかつてないほど高速で、メールの送信もボタンを押した瞬間に送信完了した感じです。Wi-Fiと比較しても、大差がなくなってしまいました。むしろ、LTEが勝つこともあるぐらいです。対応エリアがまだあまり広くないですが、各社順次拡大予定なので、未対応エリアにお住まいの方は期待して待ちましょう。

 

iPhone5にはA6チップが内蔵されています。これは1世代前のiPhone4Sよりも2倍高速で、2倍のグラフィック性能があるとアップルは言っています。そのiPhone4Sは、さらに1世代前のiPhone4よりも2倍高速で、7倍のグラフィックス性能があるらしいです。つまり、iPhone4より4倍高速で、14倍のグラフィックス性能があるはずです。私は今までiPhone4を使っていたので、今回は4と5でどれだけ進化したのかを比較した動画を作ってみたので、ご覧ください。

 

 

 

 

見たら一目瞭然ですが、断然5の方が速いです。爆速です。4の4倍速ぐらい確かに速いです。ネットだけでなく、処理能力も爆速です。4をお持ちの方なら、その速さは本当に驚きます。ですが、爆速すぎて驚くのはもう一つあります。それは…

 

 

バッテリーです。LTEになって遊んでたことが原因なだけかもしれませんが、なかなかの速さで電池を消耗していきます。昨日満充電したのに、翌日の夜には数%ということがありました。うーん、使い方が悪いのでしょうか? ちゃんと設定で無駄なものはオフにしているのですが(^_^;)

 

余分なものまで爆速になっていますが、充電さえ気をつければ十分すぎる性能を持っています。4Sとは大差ないのかもしれませんが、4以前をお持ちの方なら買い替えを検討してみるのがいいと思います。大手家電量販店では、デモがおいてあるので、そこでびっくりしてみましょう。

 

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
もしよろしければコメントを投稿していただけるとありがたいです。
あなたのそのコメントは、きっと次回の記事へと繋がります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N.Y.

Next Yellへようこそ!

コンピュータ関係を中心に、自分に関係することを書いていきます。
初心者なので変な箇所はたくさんあると思いますが、なるべく楽しく読めるように頑張りますので、応援をよろしくお願いします。

あなたのその声援が、次回の記事へと繋がります。

詳しいプロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Mac (4)
検索フォーム
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。